音楽修辞学

バロック時代の音楽観


さて、情感ということを考える前に、バロック時代における、音楽観、というものを考えてみます。

これは、本で読んだのですが-----------------------------------
キルヒャー(1602-80)
音楽と人間の心の中に、一定の数字的比例が共有されるために、音楽は、ある情念を聞き手の心に呼び起こすことができると考えていた。

 

さまざまな存在の原理である「数」は、当時感情の原理でもあった。

 
世界が神の知恵の演技する劇場にたとえられ、その世界が同時に、数学的比例を共通項として、音楽に類比されている。世界の構造原理としての『ハルモニア』の具現であるという意味で、『世界劇場』は音楽と、本質を共有する。またそれは、世界を神の楽器とみなすことの根拠にもなりうる。

最初の写真は、

キルヒャーの《音楽汎論》(1650)にあらわれる、『神の弾く世界オルガン』
うーん、なんとなく解ったような、解らないような・・・
いずれにしても、はっきりしているのは、300年以上前のヨーロッパにおいて、音楽がどのような存在であったか、というと、「今とはぜんぜん違う」ということですよね。あたりまえですけど。
ここで重要なことは、バロックの時代~ロマン派まで、ほとんどの場合、
音楽をつくる人=演奏する人 だったということ。
なので、今日その時代の曲演奏する私たちとしては、昔、音楽家が、どんなことを音楽に対して考えていたか、を知らないと、まったく的外れの演奏になってしまう可能性もある、ということですね。
以前にある講習会で指揮者の方が、現代の音楽家として当然読んでおくべき本、として
*クヴァンツ フルート奏法試論
*エマニュエル・バッハ 正しいクラヴィア奏法
*レオポルト・モーツァルト バイオリン奏法

の3つをあげられていました。


古い時代の人の書いた本が「どのように」役に立つのか?
内容を考えてみると、当時の有名な作曲家、音楽家としての彼らから、「音楽を学ぶ人、演奏する人」への助言、という趣が強く出ていると思います。指使い、装飾、音楽用語として共通語になりつつあったイタリア語の言葉について、アーティキュレーションについて、そして、音楽家としての心得など。


たぶん、その頃から、自分の作品を、ぜんぜん見も知らない人が演奏する、というような状況が出てきたのでしょうか。このような本を書く必要性を感じるような時代になっていったのかな、と想像してみました。であれば、今日の私たちも、立場としては同じようなものですから、当然読んでおかないといけない、というわけですね。


さて、そこでキーワードのように出てくる言葉が、アフェクト
アフェクト=情感 という言葉は、実はデカルトの著書の中に出てくる言葉だそうです。この言葉が音楽とどのように関わってくるのか、は先にあげた3人の音楽家の本などから探ってみたいと思います。