ピアノの歴史

ウィーン式ピアノ

モーツァルトが1782年ごろに買った、ワルター作のフォルテピアノ。

標準的な音域は5オクターブで、ハンマーはとても小さくて軽く、軽快なタッチと、繊細な音色が特徴でした。
ハンマー、といっても、指の先、という感じで、先には鹿の皮が巻いてあったそうです。今日のピアノのような複雑なアクションではないので、タッチがそのまま音になってしまう。。。



現代に復元されたウィーン式フォルテピアノを弾いたことがありますが、なんとコントロールが難しかったこと!

自分の指が5本、「太さが違う」ということを認識させられた、と書いたらおわかりでしょうか?
音階1つ弾くにしても、なかなか均等な音量、音色で弾くのは難しかったです。

また、写真をみてもお分かりのように、ペダル、というものがありません。

もちろん、ダンパーはあるんですが、足ではなく、膝で操作するので、これまた、思うタイミングでペダルの効果を出すのに悪戦苦闘しました。

現代のピアノに慣れきってしまった私たちには、大変な面もたくさんあるウィーン式フォルテピアノ。とはいうものの、

まだまだハープシコードや、クラヴィコードも混在していた18世紀後半、ハイドン、モーツァルトといった作曲家たちがこのウィーン式アクションピアノに触発されて、たくさんの鍵盤楽器のための作品を作曲していったのではないかな、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウィーン式アクションは、きわめて繊細な手でも容易に弾くことができる。演奏者はこのアクションによって、さまざまなニュアンスをこめて弾くことが可能である。はっきり弾いたり、丸みのあるフルートのような音をだすこともできる。大して骨をおらずに流暢に弾くこともできる」

(フンメル「ピアノフォルテ奏法」1828年)

 

写真はモーツァルトファミリー。ひょっとしたら世界で初めての連弾の光景かもしれませんね。